試合結果・日程FIXTURES & RESULTS

  • HOME
  • 試合結果・日程
  • ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ2021 順位決定戦 第1節(FC限定観戦・配信あり)

ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ2021 順位決定戦 第1節(FC限定観戦・配信あり)

2021.03.21 Sun 11:30 K.O. 会場: AGFフィールド(東京)

九州電力
九州電力

9

  • 6

    前半

    0

  • 3

    後半

    10

10

栗田工業
栗田工業
T G PT PG DG   T G PT PG DG
0 0 0 2 0 前半 0 0 0 0 0
0 0 0 1 0 後半 1 1 0 1 0

ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2021 順位決定戦 第1節

3月21日(日)、ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2021(以下:TCL)、ヴォルテクスの第5戦目となる栗田工業ウォーターガッシュとの順位決定戦が東京都調布市のAGFフィールドで開催されました。
前節でカンファレンス制が終了し、上位4チームと下位4チームに別れて順位決定戦を残すのみとなったTCL。Bカンファレンス3位のヴォルテクスは5位〜8位の決定戦に回り、Aカンファレンス4位の栗田工業ウォーターガッシュ(以下:栗田工業)との対戦です。
強風が吹き荒れるなか事前に申込みいただいたファンクラブの方々がAGFフィールドに駆けつけた
試合は暴風雨の中、11時30分に栗田工業のキックオフで試合が始まりました。

前半

前半風上のヴォルテクス、試合序盤は10番上里選手のロングキックを中心に敵陣深くまで攻め込み、トライチャンスを伺います。栗田工業ゴールまであと一歩というシーンが多々あるも、横殴りの雨の影響もあり、肝心な場面でノックオンやノットストレートの反則を犯し、トライを取り切ることができません。
風上を生かしたいが雨の影響もありトライまでが遠いヴォルテクス
お互いに拮抗した攻防が続く

前半12分

敵陣22m付近
相手のオフサイドの反則からペナルティーゴールを狙うヴォルテクス。キッカー10番上里選手が決め「3−0」。ヴォルテクスが先制します。
相手エリアに攻め込むスタメンの加藤選手
暴風雨のなかペナルティーゴールを決める上里選手
栗田工業はキックが強風で押し戻されるなど、風下の影響もあり自陣からでもボールを回し、フィジカルの強い8番の外国人選手中心に、アタックを仕掛けてきます。ヴォルテクスも9番児玉選手の低く力強いタックルで応するなど、両者一歩も譲らない緊迫した試合展開が続きます。
トム・ロウ選手の力強いタックル
低いタックルで相手外国人を止める児玉選手

前半44分

敵陣22m付近
相手のハンドの反則でペナルティーを得たヴォルテクスはショットを選択。試合終了間際の大事な場面で10番上里選手が冷静にペナルティーゴールを決め、「6−0」で前半が終了します。
児玉選手と磯田選手で敵陣へ切り込む
果敢にアタックを続けるトム・ロウ選手
ヴォルテクスボールのリスタートキックオフで後半が開始。

後半

エリアマネジメントが難しい風下のヴォルテクスは、ボールキープ力のあるフィジカルに強い中靍選手を後半開始から投入し、ロースコアの試合展開に備えます。
フィジカルに強い中靍選手を投入
豪雨のなかの空中戦
後半立ち上がりは栗田工業にボールを支配され、ヴォルテクスは自陣ゴール前でのディフェンスを強いられます。8番マカフリー選手のジャッカルなどでピンチを凌ぐも、なかなか自陣を抜け出すことができないヴォルテクス。試合展開からスコアに直結するペナルティーの反則を犯せないヴォルテクスにとって、自陣でプレーする苦しい時間帯が続きます。
マカフリー選手のジャッカルなどでピンチを凌ぐ
自陣前の集中力が必要なディフェンス

後半20分

自陣22m付近
栗田工業の攻撃に耐えるヴォルテクスでしたが、ノットロールアウェイの反則を犯し、栗田工業10番にペナルティーゴールを決められます。「6−3」
低いタックルでアタックを止める園中選手
栗田工業の連続攻撃に耐える時間帯が続く
その後、ヴォルテクスはペナルティーからのタッチキックで敵陣に入り、ラインアウトモールを中心に栗田工業のゴールラインまで迫ります。

後半27分

敵陣22m付近
栗田工業の反則でペナルティーを得たヴォルテクスは、後半途中から入った23番荒牧選手がペナルティーゴールを決め「9ー3」と点差を広げます。
スクラムを支える徳永選手
攻撃を組み立てる児玉選手
荒牧選手がペナルティゴールを決める
後半終盤は栗田工業のペースで試合が進み、ヴォルテクスは再び自陣ゴール前に釘付けとなる我慢の時間帯が続きます。

後半45分

自陣22m付近
ノーサイド終了間際、栗田工業ボールのラインアウトからモールで押し込まれると、最後は相手20番パールー選手にヴォルテクスゴール右端トライを奪われ、「9−8」と1点差まで詰め寄られます。
この時点でレフリーからノータイムのコール告げられ、勝敗の行方は栗田工業10番ディーガン選手のコンバージョンキックに委ねられました。
角度があり強風が吹く難しい状況下でのコンバージョンキックでしたが、ディーガン選手にコンバージョンキックを決められ最終スコア「9−10」でノーサイドとなりました。
後半粘りを見せる栗田工業のアタック
ヴォルテクスも必死のディフェンスで食い止める
栗田工業にトライを奪われ、コンバージョンキックも決められる
最終スコア9-10でノーサイド
悪天候によるロースコアの試合展開を想定し、前半からPGで確実に得点を積み重ねたヴォルテクスですが、最後の局面で栗田工業の攻撃を防ぐことができす、逆転負けという悔しい結果となりました。
次の順位決定戦第2節(TCL最終戦)は4月3日(土)、広島県の「広島県総合グランドラグビー場」でマツダブルーズーマーズとTCL7位・8位を懸け争います。席数は少ないですが有観客試合となりますので、チケットについては今後ヴォルテクスHPで告知する試合情報をチェックください。
※LIVE配信も予定されています。

次戦予告

次戦は順位決定戦の第2節となります。一般のお客様も観戦可能な有観客試合です。
  • 日時 : 2021年4月3日(土)11:30キックオフ
  • 対戦相手 : マツダブルーズーマーズ
  • 試合会場 : 広島県総合グランドラグビー場(広島)
  • チケット : ヴォルテクスFC会員 無料*、一般販売あり(チケットぴあ)
  • ネット配信も放送予定です
※スケジュール等が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※チケットの詳細等、決まりましたら当ホームページにてお知らせいたします。

Photo Gallery

試合動画のご案内(外部サイト)

試合動画の配信は試合日より2~3日後となっております。
キューデンヴォルテクスは引き続き、感染予防対策および拡散防止を徹底し活動してまいります。
熱い応援よろしくお願いいたします。