試合結果・日程FIXTURES & RESULTS

2019年度 秋季オープン戦 

2019.10.19 Sat 13:00 K.O. 会場: 九州電力香椎競技場(福岡)

九州電力
九州電力

19

  • 12

    前半

    7

  • 7

    後半

    10

17

中国電力
中国電力
T G PT PG DG   T G PT PG DG
2 1 0 0 0 前半 1 1 0 0 0
1 1 0 0 0 後半 2 0 0 0 0

2019秋季オープン戦 第1戦

10月19日(土)、九州電力香椎競技場で中国電力レッドレグリオンズ戦が開催されました。

ヴォルテクスは11月16日に開幕するトップチャレンジリーグに向けた最終仕上げの段階に入っており、この試合を含めた秋季オープン戦3試合は、戦術の確認やリーグ戦のメンバーセレクションにも繋がる重要な試合です。この試合は、前半・後半総勢35名をメンバー登録し、様々なパターンを試します。
青空の九州電力香椎競技場
秋季オープン戦がスタート

前半

朝方に降っていた雨も止み、少し汗ばむ陽気の中、13時ヴォルテクスボールのキックオフでゲームが始まりました。

立ち上がり早々、自陣ゴールラインを背に中国電力の攻撃を受ける時間帯が続きますが、要所で6番小原選手がジャッカルするなど、ピンチを凌ぎ得点を与えません。
荒牧選手のキックオフでスタート
必死のディフェンス

前半14分

中国電力の連続攻撃が続く中、相手のロングパスに反応した8番マカフリー選手が自陣10m付近でパスカットすると、そのまま独走しゴール前まで攻め込みます。その後、相手DFを引きつけ大外から上がってきた11番磯田選手へラストパスが渡り、ゴール左隅へトライ。ヴォルテクスが5ー0と先制します。
マカフリー選手がゴール前まで攻め込む
ラストパスを受け取った磯田選手

前半17分

自陣ゴール前の相手ボールラインアウトからモール、ラックサイドの連続攻撃で攻め込まれると最後はBKに展開され自陣ゴール左隅にトライされます。
5−7
チームを引っ張る山田選手
タックルを避けながら攻め込む

前半30分

自陣22m付近、相手キックからカウンター攻撃を仕掛ける15番加藤選手がDFラインを突破すると、そのまま相手DFを次々と抜き去り、そのままゴール中央へトライ。約80mを一人で走り切り、逆転に成功します。
12ー7
加藤選手がDFラインを突破
逆転トライを決めた加藤選手
その後、自陣でプレーする苦しい時間帯が続きますが、得点を与えず前半は12ー7で終了します。

後半

後半のメンバー
後半は一進一退の攻防が続きます。後半10分には、12番松下選手の相手DFラインの裏を狙った絶妙なグラバーキックでチャンスを作るも、最後にパスカットされ得点に結びつけることはできず、なかなかスコアが動きません。
一進一退の攻防
相手のスキを突くプレーも

後半25分

自陣10m付近の相手ボールラインアウトから、連続攻撃を仕掛けられます。相手のグラウンドを広く使った攻撃にヴォルテクスのDFラインが崩れたところ、キックパスを繋がれ自陣ゴール左隅にトライを許し同点とされます。
12ー12
ラインアウトからの攻防
必死のタックル

後半31分

自陣10m付近、後半途中出場の12番島選手が鋭いステップで相手DFを次々と交わしラインブレイクすると、そのままゴール前までボールを運びDFを引きつけフォローしていた7番平田選手へラストパス。平田選手はそのままゴールポスト真下へトライし、再び中国電力を突き放します。
19ー12
島選手が鋭いステップでゴール前まで持ち込む
フォローしていた平田選手がパスを受け取りトライ

後半32分

相手のリスタートキックオフをキープできなかったヴォルテクスは、相手にボールを奪われると、そのまま7番に密集サイドを突破され、自陣ゴール右中間にトライを許します。
19ー17
ボールを必死に奪いに来る中国電力
FW陣の献身的なディフェンス
その後は相手ゴール前まで攻め込みトライチャンスはあったものの、得点を奪うことはできず、最終スコア19ー17で試合終了となりました。
試合終了後にはファーストトライクイズの抽選会が行われ、磯田選手と平田選手から当選者へプレゼントを贈呈しました。

会場へ駆けつけ熱い声援を送っていただいたファンの皆さま、ありがとうございました。
引き続き応援の程宜しくお願い致します。

次戦予告

  • 秋季オープン戦 第2戦
  • 日時 : 2019年10月26日(土)14:00キックオフ
  • 対戦相手 : マツダブルーズーマーズ
  • 試合会場 : 九州電力香椎競技場(福岡)
  • 入場料 : 無料

Photo Gallery