ニュースNEWS

  • HOME
  • ニュース
  • あいらスポーツフェスタ2021でタグラグビー教室を開催しました

地域・社会貢献

あいらスポーツフェスタ2021でタグラグビー教室を開催しました

2021.10.15

10月10日(日)、鹿児島県姶良市主催の「あいらスポーツフェスタ2021」の中でタグラグビー教室を開催しました。
ヴォルテクスからは、山下選手と石松選手、並川事業統括マネージャー。鹿児島支社から篠田OBが参加しました。
ヴォルテクスから山下選手、石松選手、並川事業統括マネージャー、篠田OBが参加
同フェスタでは、タグラグビーのほかに陸上やサッカー、バスケットボール、ノルディックウォーキングなどの体験教室もあり、沢山の子供たちで賑わっていました。
私たちが担当したタグラグビー教室には、1年生から6年生までの男女36名が参加。
36名の子供たちがタグラグビー教室に参加
まずは、2人一組になって「ボール取りゲーム」。頭と体を使ったウォーミングアップでスタートしました。
その後は、「タグ取りゲーム」。タグを取ったら「タグ!!」とコールするルールを覚えましたよ。
前半の最後は「タグ取り鬼ごっこ」。タグを取った後は、止まって相手にタグを返すまでのルールも覚えていきました。
最初は山下選手と石松選手がお手本
子供たちはすぐにルールを覚えて楽しんでいました
ウォーターブレイクを挟み、後半は「トライゲーム」。スピードやステップを使い、相手をかわしトライを取る喜びを感じてもらいました。
「トライゲーム」のルールは簡単。
攻撃する人は「ボールを持ったら相手ゴールに向かって走るだけ!」、「タグを取られたら味方にパスをしよう!」。
守る人は「ボールを持っている人のタグを取るだけ!」その時には大きな声で「タグ!」と叫ぼう。
相手がいれば、誰でもどこでも簡単にできるゲーム(遊び)なので、子どもたちはすぐに慣れ、自分たちで走るコースやスピードの強弱、体を反転させて逃げるなどの作戦を考えてましたよ。
グラウンドには子供たちの賑やかな声が響きました
自分で作戦を考え実践する子供たち
今回は、試合までは出来ませんでしたが、ラグビーの楽しさは十分に伝えられたかなぁ、、、と思いました。
短い時間でしたが、タグラグビーを楽しんでくれた子供たち、保護者の皆さま。また、関係者の皆さまありがとうございました。
ラグビーのリフトアップも体験
最後は参加者と記念撮影(撮影時のみマスクを外しています)
選手たちのサイン会も実施しました