大正11年(1922年)九州電灯鉄道が東邦電力福岡支店になった時、慶応大学OB社員の横山通夫、伊丹三郎氏等が「九州ラグビー倶楽部」を作って九州にラグビーを広めると共に、東邦電力にもチームを作ったのが九州電力ラグビー部の創りだと九州ラグビー史に記されている。
戦争が始まり、九州配電の時代を迎えるが、若い社員が兵役にかり出され、ラグビー部員も少なくなって行く。それでも支店対抗戦は細々と続けられた。
終戦と共に九州ラグビー界は一早く復興し、配炭公団、西南学院、福岡中学が全国制覇を達成、三井化学、八幡製鐵がこれに続き、福岡は日本ラグビー界の先頭に立った。
佐藤篤二郎社長の命を受けてラグビー部再起のため。藤原勉人事部長が労働組合電産と渡り合い、解散した配炭公団から主力5選手を入社させ、再起の核とした。さらに福岡支店吉本隆次労務課長等の骨折りで昭和25年3名、昭和26年5名の即戦力選手が補強され、どうにか対外試合が出来るメンバーを揃えることができた。
次いで支店、営業所に別れていたラグビー部を一本化し、本店、福岡支店、福岡近郊の営業所に部員を配属し、皆が一緒に練習できることとなった。OBをはじめ多数の先輩の支援のお陰で今日にいたる体制がここに確立したのである。
このページの先頭へ