前年度の失点の多さを反省し、今年のテーマは「ランニングラグビー」プラス「粘り強いディフェンスの確立」。個々のディフェンス力のアップを目指し、紅白戦を多用して競争意識を促す。新外人スウィニーを加え、50名近い戦力は北海道合宿で力をつけシーズンを迎えた。 前年度全敗した新日鐵八幡が、三菱重工水島との入替え戦に破れ、遂に西日本Aリーグから姿を消す。九電は第2戦で新鋭サニックスに敗れ、強敵日新製鋼、マツダに懸命の闘いを挑んだがいずれも1点差で惜敗3年連続で全国大会出場を逸すと最終戦にニコニコドーにも敗れ、5位に終わった。



このページの先頭へ