国体予選の準決勝で八幡製鐵と対戦、多彩なBK陣を活かすため、昨年の全国大会同様セブンFW・SEで挑んだが16-37で敗れた。社会人予選決勝の相手は6度目の三井化学、ハーフ団とBKの呼吸もあった連携プレーで前半5分古本、15分鯨井のトライでリード、後半もねばりきって7度目の全国大会を果たした。 花園の1回戦は住友赤平を16-6で下したが、2回戦で自衛隊中部部隊に0-14で敗退した。八幡製鐵は前評判の高かった近鉄を決勝で降して4連覇、12度目の全国制覇を達成した。電力大会で圧勝を続ける九電は、この年から佐賀支店チームの選手も混えて出場、15連勝を飾った。1月、九電ラグビーOBクラブ発足。



このページの先頭へ