これまで関西への遠征は休暇をとって行っていたが、漸く部活動として認められることとなった。伊丹自衛隊に泊まり、京都市役所、同志社大学等強豪チームと4試合を行う。  八幡製鐵が前年度優勝で出場するこの年は、昨年敗れた三井化学が当面の目標。1回戦久留米自衛隊、2回戦東洋高圧に圧勝して、決勝戦で対決した。前半2つのPGで先行したものの三井の重量FWに押されつづけ、26分にゴールを許して終了、しかし風上に回った後半5分にPGで逆転すると7分のPGで突き放し、その後2トライを加えて雪辱した。  4度目の出場となった全国大会では、1回戦で関東の強豪谷藤機械対戦、0-9で敗れた。大会4連覇を目指した八幡製鐵は、決勝で近鉄に5-6で惜敗した。



このページの先頭へ