3月31日(日)九電記念体育館閉館イベントが開催され、ヴォルテクスから中尾選手、松下(真)選手、山口チームマネージャーが参加しました。






九電記念体育館は、国内外の有名アーティストのコンサート、大相撲、ボクシング世界戦、災害時の避難所などで使用され、55年間愛されてきました。
その歴史ある体育館の最終日に地域の子供達を対象としたスポーツイベントが行われ、メインアリーナでは、「バレーボール教室」「ラグビー体験教室」「あそびのアスリート」の3つのプログラムを開催。コカ・コーラレッドスパークスと合同で約70名の子供たちにラグビーを体験してもらいました。
























体験教室後は、体育館2階で行われていたラグビーワールドカップ2019のPRブースで来場者の方々と交流しました。







参加された皆さま、関係者の皆さま方、ありがとうございました。


このページの先頭へ