11月25日(金)、薩摩川内市立樋脇小学校からお誘いいただきタグラグビー教室を開催しました。
指導者として、ヴォルテクスから赤間タグラグビー普及マネージャーと、鹿児島支社から、加治屋さん・岸本さんの3名が参加し、秋晴れ空の下、6年生31名の生徒さんにタグラグビーを楽しんでもらいました。




タグ取りやパスの練習から始め、最後は、ディフェンスを抜いてトライを決める練習をしました。
初めは慣れないルールやボールの扱いに苦戦していましたが、さすがは小学生!あっという間に慣れ、時には五郎丸ポーズも飛び出すなど、元気なプレイで盛り上がりました。



ヴォルテクスでは、今後もタグラグビーを通じて地域に根付いた活動を展開していきます。


このページの先頭へ