6月19日(日)午後、長崎県諫早市立西諫早小学校でタグラグビー教室を開催しました。
ヴォルテクスからは並川タグラグビー普及マネージャー、ヴォルテクスOBの久保選手、長崎支社ラグビー部からは山口選手が参加し、 1年生の子供たち21名と保護者25名の計46名にタグラグビーを楽しんでいただきました。




始めに、今回の目標をみんなで設定。
「トライを取る喜びを共有しよう!」ということで、仲間がトライを取ったらみんなで喜ぶことを約束しました。

そして、親子でコーディネーショントレーニングを行いながらウォーミングアップ。
程よく汗をかいたところで、ボール運びやパスゲーム、ボール集めなどをして、ラグビーボールに慣れてもらいました。




次は、いよいよタグを腰に付けてタグ取り鬼。体育館中に「タグ!!!」という大きな声が響いてました。

最後は、1対1で大人も子供も一緒に試合を楽しみました。
試合では、全員がトライを取ることができ、「ナイス トライ!!!」の声とともに、みんなでトライを喜びました。


今回、この様な機会を与えてくださった西諫早小学校1年生の役員ほか関係者の皆さま、 また一緒に参加していただいた保護者の皆さまありがとうございました。

このページの先頭へ